聖句の旧一番を復活したいですね!

◇現在聖句は二句ですが、過去に開祖のご意志により、何度か改編されています。「己こそ己の寄べ~」と唱えるようになったのは先生の晩年で、私は改編されたご法話に居合わせました。

当時は三句あり、「すべて悪しきことを為さず 善きことを実践し 自己の心を清むること 是諸々の仏の教えなり」を最初に唱えました。しかし、学校や公共施設を使用する支部、ないし社団支部だと宗教性が問題視されるので、「諸々の仏」とあった、この句を取られたのでした。

諸悪莫作・衆善奉行・自浄其意・是諸仏教/しょあくまくさ しゅぜんぶぎょう じじょうごい ぜしょぶっきょう――大般涅槃経

うーーん!残念でしたね…。何でかと言いますと、前回書きました「修行は、喩えるならメッキを塗るのではなく、川の浄化ではないでしょうか…?」。人の質の問題を教育的・修行的に考える時、川の水質浄化と大変似ている。すなわち、上の言葉は成功に導く!と感じられるからです。もちろん、現在の聖句一番=自己確立もとても大事な事です。しかしこれも、本来「自灯明・法灯明」なのですが…今は置きます…。

◇◇運営上、変えられたのでしょう…!? 

それなら、組織改革で宗教法人と財団法人を厳密に分けたのですから、実際、学生拳士は礼拝詞は読んでいないのですから、宗教法人拳士に「諸悪莫作」を復活させて、よろしいのではないでしょうか…。なんたって「卍」を変えたのですから、できるでしょう…。

少林寺拳法は、仏教が目指す解脱=悟りを目的としないように思えます。川の水質浄化=人の質を良くし続ける修行であり、継続が目的でしょう。油断すれば、浄化された川も再び汚染されるからです…。

「人、人、人 すべては人の質にある」…。人の質の問題を川の水質浄化に喩えると、私は横浜の掘割川の成功を身近に見ているので、悟りを想像するより、はるかに信じられるのです。

話しが戻って、聖句の旧一番を復活したいですね!

///////////////////

土曜練習会の終了後のに撮影!

Kさんが時間があるというので、Mさん、S君、私の四人で食事に行きました。_dsc8067

開祖のお言葉/私の中で一つになりました

◇少林寺拳法の思想と技法をいつも考えて来ました。過去形ではなく現在進行形です。

連休中、フェイスブック『少林寺拳法 横浜根岸道院と仲間たち』に以下の書き込みをしました。

「合掌は人を大切にする思いやりの心。平和の誓い(追記:であり構え)。尊重、協調の精神を表す。
結手は自分から先に手を出さない我慢の心。不戦の誓い(追記:であり構え)。忍耐、譲り合いの精神を表す。
何か、、、解けた様な気がしています! 
追記:さらに付け加えれば、合掌は愛であり、結手は力ですね。これで確信しました!」

上は、前回17日の書き込み『教えと願いを含んだ法形だからです】と連動します。二つを合わせると…正解に辿り着いた感があります…。すなわち活人拳では、合掌ではなく「合掌・結手」と表すと、これまで述べて来たことが合っていたと思えます。大変嬉しいです。

「半ば自己/ワガミの幸せを 半ばは他人/ヒトの幸せを」は、合掌と結手の精神を、開祖がお言葉にされたモノだったのです。

◇◇ついでながらもう一つ。「人、人、人、すべては人の質にある」のお言葉について。実はこれも「半ばは~」に連動しています。

ただ残念な事に、開祖はメッキの譬えをされたので、ちょっと分かり辛くなりました。「メッキだって、厚く塗って剥がれなければ本物になる(アバウトです)」。私はですね、この歳になって思うのですが、このお言葉だと、メッキの元は変わらないで良い!と受け取られかねません…。

修行は、喩えるならメッキを塗るのではなく、川の浄化ではないでしょうか…?

横浜では昭和三十年代、母親たちが子供の頃泳げたほどの堀川が死にました。ヘドロが干潟の様に盛り上がり、メタンガスが噴き出し、異臭が漂う、という酷い事になってしまったのを思えています。で、横浜市と市民は反省したのでしょう。ずいぶんと長い期間ヘドロを取り除く作業を行い、下水道を整備し、(多分)条例を定め、ゴミの投棄を慎むなどした甲斐があり、今では中村川あたりでも釣りをしている風景が戻って来ました。多摩川でもアユが戻った!と報じられていますね。

人の本質を変える修行は、別人に生まれ変わるのではなく、生まれた時の清流のような心を取り戻す行為ではないでしょうか。その浄化された人々に「合掌と結手の精神」を持たせ、世に送り出す、ないし社会に戻すのが、少林寺拳法の人造りと考えます。

「半ば自己/ワガミの幸せを 半ばは他人/ヒトの幸せを」と「人、人、人、すべては人の質にある」。上に述べた通り、私の中で一つになりました。

教えと願いを含んだ法形だからです

◇先週の金曜日の医大支部の練習、昨日は来なかった3年生Fさん/一級が、久しぶりに顔を出しました。就活で半年以上ですね。

20社以上を受け、「2社の内定をもらいました」と、ホッとしていました。大人しかった、なんてモノじゃない以上に大人しかった彼女が、就職活動で鍛えられたか、すっかり逞しくなっていました=ハキハキ受け応え出来るようになっていました。

「それだけ受けて、どこかで少林寺拳法の話しが出た?」と聞くと、「ほとんどの面接試験で食いついて来ました!」と答えたので驚きました。少林寺拳法は想像以上に社会に認知されているのですね…。「最終面接に出てくるのは役員クラスで、ほとんど五十過ぎのオジサンでした」など、面白い話しもありましたです。

「少林寺拳法のこと何か聞かれた?」
「はい!」
「何と答えたの?」
「合掌は人を大切にすること、結手は忍耐を表している、と答えました」
「それじゃー少年部じゃないか!」(周りの人笑い!)

他にも色々と聞かれたようですが、ある会社で「なぜ入部したのですか?」と聞かれた時、「色々な部を見学したのですが、少林寺拳法部には精神性を感じたので入部しました」と答えたのがイイですね!

◇◇合掌と結手を、開祖のお言葉である「半ばは自己/ワガミの幸せを 半ばは他人/ヒトの幸せを」に当てはめてみましょう。自分と相手の幸せを願うから合掌するのです。そして「半ば!」と来るのが、結手=忍耐を表しています。人が幸せになるのは、この二つの精神が必要です。

少林寺拳法の修行に際し道場では、天地拳でもない、龍王拳でもない、合掌・結手の動作を一番多く行う=行わせるでしょう。まさしく、開祖の教えと願いを含んだ法形だからです。

日本国をそうしてはいけませんね!

◇築地移転問題に端を発し、東京都(庁)は伏魔殿であったことが露呈したようです…。都の予算は小国を大幅に上回る規模。なのに国家体制ではないのですから、歪=杜撰が生じてもむべなるかな!です。←さらに、利権、汚職がプンプン臭う!

猪瀬、舛添両氏の問題は「政治と金」という単純なことではなく、東京!という伏魔殿が為した問題であったのでしょう…。にしても、膨大な税金をつぎ込んだ豊洲施設はどうなるのでしょう…。

日本国をそうしてはいけませんね。政治家諸氏は襟を正して頂きたいです。そして我々国民も、見識をもって選挙に臨みたいです。少林寺拳法の拳士は絶対に選挙を棄権しないで下さい。

とても不思議な気持ちになります

◇土曜練習終了後の一枚です。向かって左端、Y君二段が海外青年協力隊の任務を終え、就職も決まり、今月から練習に復帰しました。

帰りにY君と、私、Mさん、S君とで、マックでお茶しました。普通なら、なかなか実現しない世代別のグループです。しかし同じ少林寺拳法を修行する同士ですから、話しが弾みます。聞いていて、とても不思議な気持ちになります。

Y君のラオスでの活動話し、彼の国の話しで、楽しいひと時を過ごしました。_dsc8051

少林寺拳法の原点はここにある!

◇昨日、五輪メダリスト達がバラエティー番組に出演している番組を偶然見かけ、しばらく観ていました。この間、書きました話し=親による特訓の話題が出て、その感想が興味深かったです。

女子卓球・団体銅メダリストの伊藤美誠選手は、「お母さんに感謝しているけど、あの時には戻りたくない(アバウトです)」。男子レスリング銀メダリストの選手は、「お父さん、普段は釣りなんかして遊んでいたけど…練習になったら、いつかやってやろう!と思っていました…」。などと述べました。

まあ、予想した以上の答えです。

◇◇昔というか今もかな、体育会運動部出身者は、「もう一度1年生をやりたいですか?」と尋ねたら、ほとんどの人がブルブルと首を横に振り、「結構です!」と答えるでしょう。

下積みが苦しいのは何でもです。しかし…少林寺拳法に限ってはあまり無いのではないでしょうか…。順位や勝敗を争わない=練習の目的が違うからです。

開祖は嵩山少林寺白衣殿の壁画を見て(←私も見ましたョ!)、楽しい修行法がある!と気が付かれました。まさに少林寺拳法の原点はここにあるのですね!

////////////////////////

合宿2日目のスイカ割り・海水浴での1枚。緑帯から六段までの道院一般部の拳士達。_DSC7698

『ラスト・サムライ』/違っても通じる世界

◇録画していた『ラスト・サムライ』を観ました。以前にも放映されましたが、面白いので再び時間をつぶした次第。それで、前には感じなかった作者の主張?に気付いたので、述べてみます。

1870年代のこの物語を簡単に述べますと、インディアン戦争で心が傷付き、自暴自棄となっていたネイサン・オールグレン大尉=トム・クルーズが、仇敵バグリー大佐の就職斡旋に乗り、日本にやって来るところから始まります。いきなり横浜が出て来て驚かされます。

創設間もない日本陸軍の訓練が任務なものの、命令により、未熟な兵卒を引きいて反乱軍の鎮圧に向い、劇中では「殿」と呼ばれる、不平士族の領袖カツモト=渡辺謙の捕虜となり、彼と武士道に心酔して行く、というストーリーです。

筋立てはハチャメチャ=西南戦争と函館戦争を足して二で割った?様ですが…殺陣のシーンと戦闘シーンがとても迫力があり、魅せます…!

◇◇今回、(あっ!これか!)と思ったのは、カツモトと対立する君側の奸オオムラが放った刺客団と、侍・村人・オールグレンが共に戦って撃退し、味方と認識された後、カツモトと寺社で交わす会話のシーンにありました。

「……人も桜も いつかは散る  吐息の一つひとつに  茶の湯の一杯に  敵の一人一人に命が宿っている  それを忘れてはならん」

「吐息の一つひとつ……」

「それが武士道!」

「はい!」

まあ、武士道とは何か?は人に拠りましょう。私はそれより、国や人種、はたまた職業や階層や年齢や性別が違っても、通じる世界があると訴えている!と感じました。実際にありますよね。信じられます。少林寺拳法で体験しているからです。

みんなみんな嬉しいです!

◇昨日の少年部の練習に、副道院長T君・六段が息子S君二歳半を伴って来てくれました。お父さんのお古の道着を作り直して着せたら、「A先生のところに行きたい!」と言ったので連れて来た由。

古くは同じく副道院長のIさん、S道院のN先生も親子鷹でした。I君は娘三人だから…鷹ではありません…。S君に至っては、故人となったお父さんが逆入門し、長い間、親子演武を披露してくれました。みんなみんな嬉しいです。そうそう、今年入門したY君小一は、同じくお父さんが少年部で修行した拳士です。

◇◇オリンピック選手の経歴を眺めると、中には幼年の頃から親の…勧めでは無いですね、なんですか自然に種目環境に居た!という話しを良く聞きます…。

子供には選択の余地がないですから、ある種、強制的にやらされていたのでしょう。この話しは競技選手ばかりではなく、芸事にとても多い話しです。例えばピアノの世界。練習がきつく、泣きながら練習している子供と、鬼の様な親の姿はザラにあるそうです。第一、そうでなければ成立しない世界なのだとか…。

でも大きくなって大成し、親に感謝する場合もあり、一概に否定する事は言えないと思います。まあしかし…オリンピックではメダルをとれるの、三人だけですがね…。

少林寺拳法はメダルが目標ではないのですから、子供には無理強いせず、自然に任せてもらいたいです。S君は自分から「(遊びに)行きたい!」と言ったそうで、将来楽しみです。

で息子を見ていると、お父さんが五歳で入門し、自己紹介で「T・Dです。五歳です。幼稚園はH幼稚園です」と言っていたのを思い出しました。

あーー!人生はあっという間だなー!

///////////

どうしたことでしょう。ピントが少し甘かったです。未だ山麓なり!

_DSC8034

共通の心情が育っていなければ…

◇少林寺拳法は老若男女、様々な職業、国籍、人種の人々が修行しています。まあ、そういうことに関わらず、自分とは違う人々が修行している訳です。ですが、拳士というからには共通点があります。合掌と結手に象徴される共通の心情を持っているはずです。

開祖の目指された世界は競争ではなく協調です。「半ばは自己/ワガミの幸せを 半ばは他人/ヒトの幸せを」のお言葉には、お互いの幸せを思って行動できる人を育てたい!という先生の願いが込められています。

合掌相対礼を交わす時、ここを押さえなければなりません。人に対して気を配れる人にならなければなりません。演武がどんなに上手でも、乱捕りがどれほど強くても、大会で良い成績を修めても、上に述べた拳士の共通の心情が育っていなければ…虚しいのです…。

◇◇少林寺拳法では、どこの道院・道場に行っても「仲間が来た!」と歓迎されます。当たり前の様ですが、試合形の武道によっては「なめられてはいかんぞ!」とばかりに、敵対心を持って対応する場合がママあります。少林寺拳法では、あってはなりません。

/////////////////

土曜練習(PM6:00~8:00頃まで)の写真です。
家まで2時間以上かかるFさんが用事があるというので、練習途中に撮りました。
_DSC7996

私のHDにはそう入っています!

◇有名女優の息子で、同じく俳優業の男性22歳が強姦致傷の容疑で逮捕され、芸能界は騒然としているようです。

この手の有名人の話し=子供が親の足を引っ張る事はママ話題になります。しかし今回の件は特別なようで、皆、あまりの非常識に仰天し、かつ母親に同情が集まっているようです。もっとも、どのような育て方をしたのか!という事も、今後、問題となるでしょう。

まあ実名報道されていますが、女手一つで育てた息子の様で、方やでは息子、娘が五輪のメダルを取って親孝行したというのに、やり切れない話しです…。

◇◇開祖はこんな事を仰いました。「一族の中に一人でもイイのが出ると、皆、その恩恵を受ける(アバウトです)」。このお話しはどこで出てきたのでしょう…。

多分、「私一人が日本に帰ってたことが機縁となって、今の少林寺拳法があるのだ」。つまり、一人でも良い人が育てば、大いに世の中の為になる。人造りの大切さ、意義を述べられた時のでしょう。

「ワシの話しは長いから、中に居眠りをしている者もおる。でもな、たった一人でもイイ。ワシの話しを真剣に聞いてくれる者がおれば!と語っているのだ(アバウトです)」。私のHDにはそう入っています。

今回の事件。一人の持つ影響力の反面教師にしましょう…。

////////////////

【瞑目合掌 感謝 頂きます!】 臨海合宿の朝の食事風景。←お昼でした 撮影は誰かな…。【瞑目合掌 感謝 頂きます!】