私のHDにはそう入っています!

◇有名女優の息子で、同じく俳優業の男性22歳が強姦致傷の容疑で逮捕され、芸能界は騒然としているようです。

この手の有名人の話し=子供が親の足を引っ張る事はママ話題になります。しかし今回の件は特別なようで、皆、あまりの非常識に仰天し、かつ母親に同情が集まっているようです。もっとも、どのような育て方をしたのか!という事も、今後、問題となるでしょう。

まあ実名報道されていますが、女手一つで育てた息子の様で、方やでは息子、娘が五輪のメダルを取って親孝行したというのに、やり切れない話しです…。

◇◇開祖はこんな事を仰いました。「一族の中に一人でもイイのが出ると、皆、その恩恵を受ける(アバウトです)」。このお話しはどこで出てきたのでしょう…。

多分、「私一人が日本に帰ってたことが機縁となって、今の少林寺拳法があるのだ」。つまり、一人でも良い人が育てば、大いに世の中の為になる。、人造りの大切さ、意義を述べられた時のでしょう。

「ワシの話しは長いから、中に居眠りをしている者もおる。でもな、たった一人でもイイ。ワシの話しを真剣に聞いてくれる者がおれば!と語っているのだ(アバウトです)」。私のHDにはそう入っています。

今回の事件。一人の持つ影響力の反面教師にしましょう…。

////////////////

【瞑目合掌 感謝 頂きます!】 臨海合宿の朝の食事風景。 撮影は誰かな…。【瞑目合掌 感謝 頂きます!】

準決勝に進出すれば二人が三位でイイ!

◇今日の陸上・男子400mリレーの銀メダル獲得には驚きました。NHKの速報が流れた時、「本当!?」と驚きました。だってですよ、アメリカやジャマイカがいるではないですか。銅メダルだって良くやった!と思うところですから…。大したものです。

陸上競技はイイですね!というより、タイムを計る種目は極めて正確と思えます。これが人間の目が入る=人間が審判する種目は、往々にして禍根を残しかねません…。さらにですよ、男子競泳バタフライ100mでは3人が同着タイムとなり、銀メダル三個が出ました。とても素晴らしいと思います。

良ければ全員合格、全員悪ければ全員不合格。我々に通じるところがあります。ただし、昨今の少林寺拳法の表彰方式は違っていて、残念です。計測競技は金3個の可能性だってあるのですよ…。

勝敗を楽しく競い合う、これが本来のスポーツの在り方です。昨今の競技スポーツは、昨日も書きましたが金メダル金メダル!と殺気立っています。考え直さなければいけません。それで提案ですが、トーナメント競技の三位決定戦は止めた方がイイですね。準決勝に進出すれば二人が三位でイイではないですか。

どうです!?

/////////////////////

【朝の鎮魂行】二日目の朝の練習。主座は副道院長のT/六段。打棒はI/五段 撮影は私です

_DSC7666

私は張本氏に賛成です

◇吉田沙保里選手、残念だったですね。でも金、金、金、銀ですから…誰もが、胸を張ってもらいたい!と思っているでしょう…。世界のマークが厳しかったようです…。だとすると、伊調馨選手はそれを跳ね除けたのですから、大したものです。

◇◇卓球男子シングルスで銅メダル(団体で銀ですね)を獲得した水谷選手、勝利後のガッツポーズを張本氏から「喝!」で窘められました。それに、「戦いの場なので大目に見て欲しい(アバウト)」と反論しました…。ネットの記事からです。

まあ意見が分かれるでしょうが、私は張本氏に賛成です。

水谷選手の著書を、あるテレビ局が紹介していました。曰く「勝負は何が何でも勝たなければダメ。相手の将来を奪ってやる!くらいの気持ちで戦う(スミマセン!著書を確認していません。アバウトです)」。

私はこんな言葉(相手の将来を奪う)を聞いたことが無く、驚きました。卓球ってそんな気持ちでするのでしょうか…。暗たんたる気持ちになりました。将来を奪われた人の気持ちを察して上げて欲しい。そのような人に為るなら卓球を推奨します。

勝負の世界が非常なのは分かります。しかし殺し合う訳ではないのですから、相手に対する思いやり、尊敬の念を持って試合に臨んでもらいたいです。

家康は関ヶ原の後、供養塔を建て、敵味方の区別なく弔ったのだとか。あの信長でさえ、桶狭間で討ち取った義元の首を僧侶を付けて今川方に送り届けたそうです。

指導者は考えてもらいたいです。

////////////////

【海岸での早朝練習】本文とは関係ありません。撮影は私。良く撮れました!

_DSC7613

範士の範は模範の範ですね!

◇つらつら考えますに…範士の範は模範の範ですね!

剣の世界であるなら剣士の模範となるべき人。少林寺拳法なら拳士の模範となる人です。人格・識見・技量、誰もがそう認める人が範士号を名乗る!そう思います。ちなみに私は、准、正、大とあるうちの准範士。印可以来、三十年以上経ちますが、今田三六=未だ山麓を徘徊しています。haha!

尚、二段は助士、三段は助教、四段は道院長見習い、五段は道院長…。そんな格付けなのでしょう。開祖は「ワシは雑魚はいらない。指導者を育てたい(アバウトです)」と仰ったことがあります。

解釈は別れましょうが…少林寺拳法の基本的な考え方――「半ばは自己/ワガミの幸せを半ばは他人/ヒトの幸せを」――お互いの幸せを考えることが出来る、(あらゆる分野の)指導者を育てたかったのでしょう…。

ここを外したら、少林寺拳法の人造りではないのでしょうね。

勝負ごとに神様はいませんね…

◇台風一過!と言うけれど…なんですかこの暑さは…。しかし、北海道は上陸の恐れがあるそうで、ご注意下さい…。

昨日のオリンピック女子卓球。団体三位決定戦は迫力がありました。私は愛ちゃんが負けた時点でダメだ!と観戦を放棄。起きてから結果を知り、勝負は諦めてはいかんな!と思いました。

毎回、オリンピック・スポーツ観戦の度に感じます。勝負ごとに神様はいませんね。どちらも死ぬ程の努力をしているのですから…。三位の喜びに沸く日本チームを尻目に、シンガポールチームは無念な顔をして去りました。彼女らは神頼みをしていたのでしょうか…。

◇準決勝の女子団体・ドイツVS日本戦がイイ例です。2対2のスコア。確か10対10の場面。エッジボールかサイドボールか、紙一重の、それこそ神様の気まぐれで、日本チームは銀メダル以上を逃しました。

三位決定戦に勝ったから良かったもの、無情なものです。愛ちゃん、本当に良かったですね。でもね、シンガポールの選手達を思いやって下さい。

///////////////////

【合宿地に着きました!】 写真的に良いのを載せて行きます。 撮影は私 誰が写って誰が写ってない!はご容赦下さい。
_DSC7556

今月の後半の予定

◇世の中はオリンピックで盛り上がり、その最中、高校野球や終戦記念日や旧盆や、個人的には母親の誕生日、親戚の葬式があり、道場では夏季臨海合宿ありと、忙しない日々です。しかし、まもなく静寂?を取り戻すでしょう…。

練習再開は23日の火曜日=小道場からです。尚、8月一杯はすべて小道場の練習なのでご注意下さい。

演武発表の後、参加拳士、ご父母と共に記念写真を撮りました。撮影は私 2016.8.7

演武発表の後、参加拳士、ご父母と共に記念写真を撮りました。撮影は私 2016.8.7

何方か紹介して下さい!

◇こちらと、HP内にある掲示板はイコールにしましょう! すると、写真の掲載が増えることになります。表紙が無くなるんですかね…。まあ慣れましょう!

ともかく、臨海合宿が無事に終わりホッとしています。皆さんのご協力に感謝です。

フェイスブックに書いた通り、合宿終了日の翌日に親戚の葬儀がありました。お骨上げ、繰り上げ初七日がすんで帰宅したら、家に居させた母親がどうしても焼香したい!というので延長戦になり、それで体調を崩しました。お蔭様で今は回復しています。

◇◇ちょっと憂鬱なのは、宿舎が大幅な値上げを要求してきて、来年の合宿をどうしようか悩んでいる事です。帰りのバスも、最近の死亡事故の影響で安全確保の為か各社高く、諸々を足すと相当参加費用がかさんでしまいます。

まだ一人ならイイですが、I君のように一家4人で参加する場合、とても心苦しいです。取りあえず、宿舎の方は来年の予定を年内期限で仮押さえしていますが、皆で良く話し合って決めたいと思います。

何方か、道場、ないし集会所付きで良い宿舎をご存知の方がいらしたら、紹介して下さい。海・山を問いません。

二日目早朝、宿舎の前で 私撮影

二日目早朝、宿舎の前で 私撮影

HP再開を試みます!

長い間、更新が止まりましたが、本日から再開を試みます。しかし前にも書きました通り、掲示板とブログとHPだけだったのが一気にフェイスブック、ツイート、新HPと増え、イチロー選手や五郎丸選手が行っているルーチンワーク的なモノが崩れ、依然として不調なので、またつまずいたらご容赦下さい。

もう一つ、母親の介護の度合いが進み、仕事場に出るのが午後からになったのも災いしています。以前は午前中に来られたのです…。尚且つ、間が空いたことで何を書くか迷い、避ける気持ちも湧きました。ペースが乱れるということは…怖いモノですね…。

取りあえず、臨海合宿の集合写真、以前なら表紙の更新で載せていたのを上げます。これもね、表紙が度々変わる感覚について行けないのです。加えて操作がまだ良く分かりません。でもまー泣き言?言っても始まりません。今日はヘルパーさんも来ていますので、介護は任せて頑張ってみます。

細かい写真はブログに載せます。掲示板とこの表紙は兼用します。よろしくお願いします。

_DSC7627

メディア/権力者の騙しを監視してもらいたい!

◇なかなか投稿のペースがつかめません…。なんたって、6個のSNSが突然相手になったので…多勢に無勢?です…。まあしかし、泣き言も言っていられないので頑張ります。

イギリスのEU離脱は、当のイギリス国民さえ、その意味する事が分からなかった人がいる!と報道されています。まあ…人の事は言えません…。TPPだって、集団安保法制だって、日本国民のどれ程の人が理解しているのか、怪しいですから…。私を含めて…。

昼のテレビ番組で、国民投票の過半数は危ない!とコメントした人がいました。同感ですね。民主主義は自由が建前の故に、時に情緒的な流れになり、取り返しのつかない選択を国民がしてしまう場合があることを、この件で知りました。騙しがあったら最悪です。

メディアには、特に権力者の騙しを監視してもらいたいですね…。

////////////////

写真は本文とは関係ありません。土曜練習終了後の一枚。F支部が昇段試験で借りた防具の、お礼のお菓子を頂いているところです。

諫言は一番槍より難し

◇という言葉があるそうです。良薬口に苦し!など、他にもありますね…。

これは家康の言葉だそうです。さすが戦国一の苦労人です。弱肉強食の時代を生き延びれたのは、まさしく、命を賭けた三河武士のそのような行為=主人に対する命がけの諫言・説得があったればこそだったのでしょう。家臣達も聞きいれる度量を持っていると、家康の人柄を信じていたのですね。

これが信長だったら誰もが口を閉ざし、面従腹背かどうかは分かりませんが、唯唯諾諾(いいだくだく)と従ったのでしょう。結果、家臣の謀反に殺されました。

人生において良きアドバイスというか、時には耳に逆らう忠告を言ってもらえる、友や先生や家族を持つことは、とても価値があることです。追加して、それを聞くだけの人格になっていなければ、何もなりませんね…。

修行!修行!!です!!!