それを言っちゃーオシメーヨ!/いやオシメ―じゃない!

◇アメリカ大統領選挙ではネガティブ・キャンペーンの傷がひど過ぎて、新大統領が決まっても相当苦労するようです。それでも何とかやっていますから、アメリカ人は凄いですね。いや、アメリカ政治家の精神構造が凄いのでしょう…。

並の一般人なら、一生修復できないくらいの言動を相手にぶつけていますからね…。多分、日本の政治家でもダメだと思います。

◇◇映画『男はつらいよ/渥美清主演』は、その意味で興味深いです。ストーリーの中では、とらやの家族と寅が毎回のように激しいケンカをします。オバチャンとさくらは、いつもそれに泣かされます。で寅は、「それを言っちゃーオシメーヨ!」の捨て台詞を残し、家を飛び出すのです。

しかし…寅はいつの間にか戻って来て、家族も喜んで彼を迎え入れます…。山田洋二監督は何を訴えたかったのでしょう。私はですね、家族の絆の大切さを訴えているのではないのか?と思うわけです。

冒頭のアメリカの政治家は、利害で罵り合いを乗り越えます。ですが、政治家ではない我々は、切っても切れない(家族の)絆で、「それを言っちゃーオシメーヨ!」「いやオシメーじゃない!」と、人生に起きる荒波=人間関係のトラブルを乗り越えて欲しい!そんな願いを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)