アーカイブ

世に争いの種は尽きまじ、か…

◇フェイスブックに以下の書き込みをしました。道院生からの書き込みがあり、それも付け加えておきます。知り合い、他人に限らず、ケンカの仲裁は実は危険な行為で、十分な注意が必要です。概して4通りあります。

①まあまあ!と下出に出て止める

②やめろ!と高飛車に止める

③いきなり止める

*これはすでに殴り合っている場合。しかし、優劣を見極めた方がイイ。中途半端で止めると、両方興奮しているのでやっかい。

④複数人で止める。①②③は一人の場合で、複数ならまだ安全?

⑤手に余れば止めに入らないで警察に通報

*暴走族やヤクザのケンカなど

◇◇ケンカの仲裁は、基本「ケンカ買います!」の気構えが無いとすべきではありません。その時、活人拳で対処しないと、自身がケンカの当事者にされてしまいます=暴行罪、傷害罪で逮捕されたら、何をか況やです…。

また、警察力を背景に止めた方がイイです。しかし、中には前科二十犯超などという強者?がいるので、注意です。言葉使いは丁寧に、理に逆らわず諭すように。女、子供と舐めてかかると、

「うちの亭主呼んで来るから!」←夫がヤクザ

「兄貴に言いつける」←暴走族がバックにいる

など、面倒になります。ケンカの仲裁と書きましたが、ケンカは避ける所以です。まあ、少林寺拳法の拳士なら大丈夫ですね! にしても、下は四歳児から上は古希を超える老人たちまで、「浜の真砂は尽きるとも 世に争いの種は尽きまじ」ですか…。

/////////////////////////////

T君の投稿をした後で、駅前のキャッシングに行ってきました。用事を済ませて出て来ると、ヤキトリ・カーが出て、ちょっと憩う場所がある百貨店の前で、老人が二人言い争っています。立ち止まって見ていると、もちろん他の人も見ています。

「ほんとにお前酒癖が悪いな!」

「何を!」

「俺と勝負するか!」

「……!」

片方の老人が相手の腕を掴む素振りを見せたところで

「やめろ! 手を出したら二人共警察に連れて行くぞ!」と、目を三角にして間に割って入りました。二人共、歳は私より少し上かな…。

ケンカの仲裁はとにかく両者を引き離す事! で劣勢の人に

「アンタ ここから離れなさい!」と抱きかかえるように離し、歩きながら「家はどこですか? 早く帰りなさい!」と諭しました。

まあ、私には恨みもつらみも無いので「ありがとうございました。私もペースメーカーを入れているので助かりました」と感謝されました。

危ないですね。ショック与えたら死んじゃうジャン! で、引き返して威勢の良かった人に

「どうも先ほどは失礼しました。あの方、ペースメーカー付けているらしいので、これからも気を付けて下さい」と忠告して上げました。

///////////////////

「そんな場面に出くわした場合、私は多分、他の人同様に、我が身可愛さで傍観者だったと思います。
先生の様に行動出来るように鍛錬したいと思います」

//////////////////

「赤の他人のケンカの仲裁はとても危険です。光りモノが飛び出す可能性さえあります。無理は禁物で、傍観は恥ずべき事ではありません。その様な場面に出くわしたら、携帯で警察に連絡して上げましょう!」

家族団体演武 ブラボー!

◇毎年それぞれにトピックがある演武会です。特に今年は、I澤拳士の三人の娘=Kちゃん中一、Iちゃん小五、Sちゃん小二による家族団体演武が凄い! 五十年近く少林寺拳法を修行している私も、初めて見ました。

「ブラボー!」です。さらに、I澤君は長女Kちゃんとの親子組演武も披露しました。

昨日掲載の集合写真に副道院長T君の息子S君が、お父さんの膝に載っています。休院中のIさん・四段も娘Yちゃんと写っています。どちらも、まだ入門していません。

「大きくなったら二人で演武する?」お汁粉会食の時、お父さんとお母さんに抱かれていた息子と娘にそう話しかけたら、ニッコリとほほ笑んでくれました。あながち夢では無いような…。

待ち遠しいなーー!

*他にも良い写真がありますので、FBやブログに掲載して行きます。この写真は私の撮影ではありません。

お蔭様です=見えない力に感謝!

 

◇昨日は新春演武会/法会が、楽しく、一生懸命、無事に終了出来ました。拳士諸氏の協力のお蔭様と心から感謝します。また、お忙しい中、子供たちの演武発表をご観覧を下さったご家族の方々も有難うございました。

毎年のことですが、楽しい会になりました。演武発表があり、部外者が観覧し、美味しいお汁粉・お餅があるのですから、楽しくないわけがありません。

二十数年来、お餅をお願いしている和菓子屋さんが今年初めて、「きな粉を持って行って下さい。うちのは美味しいですから」とサービスしてくれました。これが好評で、楽しさに拍車を掛けました。来年の定番になるでしょう!

↑どうも食い意地が張っているのか、食べ物の話しになってしまいます。他の話しは後にして、取りあえず、写真を2枚載せます。私の撮影です。

 

写真① 二部演武発表終了後、撮った全員の集合写真。良い記念になるでしょう。三脚使用。

写真② 左・副道院長・医大支部助監督・T見拳士/六段 右・I澤拳士/四段の奉納演武です。

 

2017年始動!

◇「明日から練習が始まります。F支部は11日。医大支部は、、、確認します(←13日からでした)。。。土曜練習は14日からです。年に二回の休みですが、夏休みの方が少し長いです。いや、正月の開始日が早いのでしょう。

学生の時、屋上練習は雨が降ると休みでした。私に関してはホッとした記憶があります。。。学生時代、特に1,2,3年生までは、週6の練習を楽しい!と思ったことは無かったようです。まぁ、嫌だ=辞めたいと思ったこともありませんけど。。。

楽しく練習して上達する!素晴らしい境地だと思います。」

一昨日FBに投稿したモノです。今年も「安全で 楽しく 一生懸命」をモットーに練習に励みます。

 

◇◇道場にある書類入れから、「見学記録」と題したノートが出てきました。昭和51年2月10日設立年度のノートには、集合写真の私の左隣I澤君/四段が7歳、右隣T見君/六段が5歳、川崎で道院長になっているY田君7歳の名前があります…。

懐かしいというか…40年経ったなどとは到底信じられません…。I澤君とT見君は、2月5日の演武会で奉納演武をしてくれます。また、I澤君は娘3人と共に家族団体演武もしてくれます。ああー!嬉しいなー!!

もう一つニュース! 後列左から二番目のY口君/二段は、忙しい仕事で少林寺拳法を見失わない様にと、昨年12月から道場の二階に住むことになりました。で、初練習にも参加できたわけです。言ってみれば、「山門衆」の誕生です。これも嬉しいなー!

練習終了後、私、Y口君、S木君、K田さんの四人で駅近くの中華料理店で食事=新年会をしました¡。そうそう、Y口君、M山君からお土産があり、練習終了後、美味しく頂きました。_dsc8820

 

 

 

謹賀新年/幻の年賀状

皆様 明けましておめでとうございます 本年も本HPをよろしくお願い申し上げます

今日から練習がスタートします。また、HPには初の書き込みですが、『根岸道院の仲間達/会員制』では、ずっと書き綴っていました。ですので、ご存知の方もいらっしゃいますが、土壇場=31日で始めようと思った賀状作成が、文面も宛名もパソコンの不調で出来なくなり、大往生!

自らが蒔いた種とはいえ、昨年5月3日に行った40周年の写真入り賀状を出せないのは断腸の思いで、波乱?を感じさせる年明けとなりました。ですので、幻となった賀状の写真を載せます。

しかしまあ、三が日ずっと宛名を書いていたら、ペン習字を勉強しようかな!?などという気持ちにもなり、人生は人智を超えた計らいで動いているな!と実感した次第です。

重ねて、本年もよろしくお願い申し上げます。 合掌

%e7%a5%9d%e8%b3%80%e4%bc%9a%e5%b9%b4%e8%b3%80%ef%bc%93

 

 

法縁に感謝とは、見えない働きに感謝すること

忘年会は皆様のご協力により、楽しく終了出来ました。何より準備に奔走してくれた皆さんのお蔭と感謝です。

午後一で買い出ししてくれた組み、スキヤキの具材を準備してくれた組み、会場を設営してくれた組み、会計をしてくれた人、翌日ごみ出してくれた人etc。本当に有難いです。

また、参加できないからとミカンを差し入れてくれた人(Mさん)、お土産持参で参加してくれた人(S尾君、R&Y夫妻、U山君)、お供物の写真には入っていないお品があります。

そんな思い=法縁に依って集った会ですから、始めての人や、久しぶりの人や、遠方から出張に合わせた人や、結婚の報告に来てくれた人や、もちろん常連の人たちも楽しく集う事が出来ました。

さらに、道院の40周年、私の誕生日、R&Y夫妻の結婚祝いのケーキ贈呈というサプライズが出て、驚きました! 写真を載せます。

この感謝の思いを、是非、少林寺拳法の修行、ないし人生につなげて頂ければ嬉しいです!

_dsc1273 _dsc1217

*集合写真に、一人は二階で休んでいます。もう一人は東京まで忘れ物を取りに行っています。←ミセスY

*左からR&Y夫妻の結婚祝い 私の誕生日祝い 道院40周年祝い の手作りケーキです。

2016年度行事すべて終了です!

_dsc8758_dsc1204いやぁ~~! 気忙しい毎日です。少林寺拳法の通年行事は23日の三支部合同忘年会で恙無く終了しました。準備や後片付け、その他,、諸々の陰の力を頂いた拳士の皆さんに、心から感謝します。

それにしても、物事を動かす力、ないし自発の力の源泉として、「楽しい!」という動機が大きいのだな!と改めて感じました。皆で協力し、楽しい雰囲気の道院、支部、OB・OG会を目指しましょう!

取りあえず写真を2枚載せます。他にもありますが忙しくて手が回りません。ご容赦下さい。今日はクリスマスですからその1枚と、忘年会はおすましより、はじけたヤツ(フルメンバー)を載せます。

少林寺拳法の在り方は!

◇第二第四土曜の練習は、開始が普段の練習より1時間半早く、明日が休みなのでタップリ感の練習が出来るようです。午後6時半~8時半頃まで。

まあ、学生なら普段からゲップが出る?ほど練習しているでしょうが、社会人はそうは行きません。したがって、時間にゆとりを感じる土曜の練習は良いようです。もっとも、野暮用で忙しい!なんて人もいるかもしれません…。←内容を聞くのは野暮なので止めます。haha!

◇◇昔の体育会少林寺拳法部は週6の練習でした。強化練習となると午前と午後やっていました。普通の道院でさえ、週3は当たり前ではなかったでしょうか…。40年以上前の話です。ゲップどころかヘドが出たかな…。

しかしですよ、凄いなー!と思うのはオリンピック級の選手達。所謂アスリートの練習量は、昔の体育会をはるかに上回るようです。何が彼等をして、そこまでの練習をさせるのでしょう…。耐えられるのでしょう…。執念?意地?生活の為?

少林寺拳法は勝敗を争う事を目的とせず、自身の修養=護身錬鍛・精神修養・健康増進として取り組むのモノで在り方が違います。正しく認識したいですね。_dsc8400

とても不思議な気持ちになります

◇土曜練習終了後の一枚です。向かって左端、Y君二段が海外青年協力隊の任務を終え、就職も決まり、今月から練習に復帰しました。

帰りにY君と、私、Mさん、S君とで、マックでお茶しました。普通なら、なかなか実現しない世代別のグループです。しかし同じ少林寺拳法を修行する同士ですから、話しが弾みます。聞いていて、とても不思議な気持ちになります。

Y君のラオスでの活動話し、彼の国の話しで、楽しいひと時を過ごしました。_dsc8051

みんなみんな嬉しいです!

◇昨日の少年部の練習に、副道院長T君・六段が息子S君二歳半を伴って来てくれました。お父さんのお古の道着を作り直して着せたら、「A先生のところに行きたい!」と言ったので連れて来た由。

古くは同じく副道院長のIさん、S道院のN先生も親子鷹でした。I君は娘三人だから…鷹ではありません…。S君に至っては、故人となったお父さんが逆入門し、長い間、親子演武を披露してくれました。みんなみんな嬉しいです。そうそう、今年入門したY君小一は、同じくお父さんが少年部で修行した拳士です。

◇◇オリンピック選手の経歴を眺めると、中には幼年の頃から親の…勧めでは無いですね、なんですか自然に種目環境に居た!という話しを良く聞きます…。

子供には選択の余地がないですから、ある種、強制的にやらされていたのでしょう。この話しは競技選手ばかりではなく、芸事にとても多い話しです。例えばピアノの世界。練習がきつく、泣きながら練習している子供と、鬼の様な親の姿はザラにあるそうです。第一、そうでなければ成立しない世界なのだとか…。

でも大きくなって大成し、親に感謝する場合もあり、一概に否定する事は言えないと思います。まあしかし…オリンピックではメダルをとれるの、三人だけですがね…。

少林寺拳法はメダルが目標ではないのですから、子供には無理強いせず、自然に任せてもらいたいです。S君は自分から「(遊びに)行きたい!」と言ったそうで、将来楽しみです。

で息子を見ていると、お父さんが五歳で入門し、自己紹介で「T・Dです。五歳です。幼稚園はH幼稚園です」と言っていたのを思い出しました。

あーー!人生はあっという間だなー!

///////////

どうしたことでしょう。ピントが少し甘かったです。未だ山麓なり!

_DSC8034