アーカイブ

世に争いの種は尽きまじ、か…

◇フェイスブックに以下の書き込みをしました。道院生からの書き込みがあり、それも付け加えておきます。知り合い、他人に限らず、ケンカの仲裁は実は危険な行為で、十分な注意が必要です。概して4通りあります。

①まあまあ!と下出に出て止める

②やめろ!と高飛車に止める

③いきなり止める

*これはすでに殴り合っている場合。しかし、優劣を見極めた方がイイ。中途半端で止めると、両方興奮しているのでやっかい。

④複数人で止める。①②③は一人の場合で、複数ならまだ安全?

⑤手に余れば止めに入らないで警察に通報

*暴走族やヤクザのケンカなど

◇◇ケンカの仲裁は、基本「ケンカ買います!」の気構えが無いとすべきではありません。その時、活人拳で対処しないと、自身がケンカの当事者にされてしまいます=暴行罪、傷害罪で逮捕されたら、何をか況やです…。

また、警察力を背景に止めた方がイイです。しかし、中には前科二十犯超などという強者?がいるので、注意です。言葉使いは丁寧に、理に逆らわず諭すように。女、子供と舐めてかかると、

「うちの亭主呼んで来るから!」←夫がヤクザ

「兄貴に言いつける」←暴走族がバックにいる

など、面倒になります。ケンカの仲裁と書きましたが、ケンカは避ける所以です。まあ、少林寺拳法の拳士なら大丈夫ですね! にしても、下は四歳児から上は古希を超える老人たちまで、「浜の真砂は尽きるとも 世に争いの種は尽きまじ」ですか…。

/////////////////////////////

T君の投稿をした後で、駅前のキャッシングに行ってきました。用事を済ませて出て来ると、ヤキトリ・カーが出て、ちょっと憩う場所がある百貨店の前で、老人が二人言い争っています。立ち止まって見ていると、もちろん他の人も見ています。

「ほんとにお前酒癖が悪いな!」

「何を!」

「俺と勝負するか!」

「……!」

片方の老人が相手の腕を掴む素振りを見せたところで

「やめろ! 手を出したら二人共警察に連れて行くぞ!」と、目を三角にして間に割って入りました。二人共、歳は私より少し上かな…。

ケンカの仲裁はとにかく両者を引き離す事! で劣勢の人に

「アンタ ここから離れなさい!」と抱きかかえるように離し、歩きながら「家はどこですか? 早く帰りなさい!」と諭しました。

まあ、私には恨みもつらみも無いので「ありがとうございました。私もペースメーカーを入れているので助かりました」と感謝されました。

危ないですね。ショック与えたら死んじゃうジャン! で、引き返して威勢の良かった人に

「どうも先ほどは失礼しました。あの方、ペースメーカー付けているらしいので、これからも気を付けて下さい」と忠告して上げました。

///////////////////

「そんな場面に出くわした場合、私は多分、他の人同様に、我が身可愛さで傍観者だったと思います。
先生の様に行動出来るように鍛錬したいと思います」

//////////////////

「赤の他人のケンカの仲裁はとても危険です。光りモノが飛び出す可能性さえあります。無理は禁物で、傍観は恥ずべき事ではありません。その様な場面に出くわしたら、携帯で警察に連絡して上げましょう!」

理の追求/クロスワードパズルに似たり!

◇母親を介護していると、興味深い事が沢山出てきます。そのうちの一つです。

すでに介護度3に近く、この間、判定のために県から職員が訪れました。まあ、調子が良い時は自分で起き上がろうとします。で、手助けしながら歩かせます。もちろん支え無しでは転んでしまいますが…コツがありました…!

身体を横使いさせるのです。

人間の意識は前に歩こうとします。しかし筋力が衰えた老人には難しく、また、支えるモノに掴まるのも難しく、転んでしまいます。これは掴む間合いが短い為と思われます。しかし身体を横に使えば、手を広げた長さは自身の身長分なので、間合いを大きく取れるのです。

「ハイ!身体を横に使って、そこを掴んで、足を寄せて、ハイまた次を掴んで、無理しないで」

「ハイ!今度は身体を反転させて、そう上手い!少林寺拳法みたい」

まっ、こんな感じで、トイレに行かせたり、食事の席に座らせます。

◇◇少林寺拳法にも、この身体使いの理/コトワリあります。提唱するのは、4点の水平使いと斜め使いです。4点とは肩関節と股関節に仮の点を付け、捻らない身体動作を指します。

これに、身体重心の移動感覚(5:5 6:4 7:3 8:2 9:1 10:0)と、身体回転の3感覚(中心点=独楽、コンパス、ハンドル)が加わります。

長い間研究してきた後ろ蹴り(180°回転、90°回転)が、これらが分かり容易に出来るようになりました。門下生の中にも、直ぐ出来るようになる人が現れ、驚きます。

◇◇◇理の追究は、「クロスワードパズルを解く様だ!」と思えます。ある事が分かって、関連して他の事が分かって、ついには今まで分からないことが分かります。

まっ、こんな感じで、日々の修行を楽しみ、少林寺クロスワードパズルを愉しんでいます!

*昨年の5月3日、写真の通り、道院の40周年、市医大の顧問の先生、門下生の還暦・古希祝いで、修行40年拳士3人と共に演武しました。義和拳第2の鶴立は、10:0の重心移動です。

 

それを言っちゃーオシメーヨ!/いやオシメ―じゃない!

◇アメリカ大統領選挙ではネガティブ・キャンペーンの傷がひど過ぎて、新大統領が決まっても相当苦労するようです。それでも何とかやっていますから、アメリカ人は凄いですね。いや、アメリカ政治家の精神構造が凄いのでしょう…。

並の一般人なら、一生修復できないくらいの言動を相手にぶつけていますからね…。多分、日本の政治家でもダメだと思います。

◇◇映画『男はつらいよ/渥美清主演』は、その意味で興味深いです。ストーリーの中では、とらやの家族と寅が毎回のように激しいケンカをします。オバチャンとさくらは、いつもそれに泣かされます。で寅は、「それを言っちゃーオシメーヨ!」の捨て台詞を残し、家を飛び出すのです。

しかし…寅はいつの間にか戻って来て、家族も喜んで彼を迎え入れます…。山田洋二監督は何を訴えたかったのでしょう。私はですね、家族の絆の大切さを訴えているのではないのか?と思うわけです。

冒頭のアメリカの政治家は、利害で罵り合いを乗り越えます。ですが、政治家ではない我々は、切っても切れない(家族の)絆で、「それを言っちゃーオシメーヨ!」「いやオシメーじゃない!」と、人生に起きる荒波=人間関係のトラブルを乗り越えて欲しい!そんな願いを感じました。

今月の後半の予定

◇世の中はオリンピックで盛り上がり、その最中、高校野球や終戦記念日や旧盆や、個人的には母親の誕生日、親戚の葬式があり、道場では夏季臨海合宿ありと、忙しない日々です。しかし、まもなく静寂?を取り戻すでしょう…。

練習再開は23日の火曜日=小道場からです。尚、8月一杯はすべて小道場の練習なのでご注意下さい。

演武発表の後、参加拳士、ご父母と共に記念写真を撮りました。撮影は私 2016.8.7

演武発表の後、参加拳士、ご父母と共に記念写真を撮りました。撮影は私 2016.8.7

HP再開を試みます!

長い間、更新が止まりましたが、本日から再開を試みます。しかし前にも書きました通り、掲示板とブログとHPだけだったのが一気にフェイスブック、ツイート、新HPと増え、イチロー選手や五郎丸選手が行っているルーチンワーク的なモノが崩れ、依然として不調なので、またつまずいたらご容赦下さい。

もう一つ、母親の介護の度合いが進み、仕事場に出るのが午後からになったのも災いしています。以前は午前中に来られたのです…。尚且つ、間が空いたことで何を書くか迷い、避ける気持ちも湧きました。ペースが乱れるということは…怖いモノですね…。

取りあえず、臨海合宿の集合写真、以前なら表紙の更新で載せていたのを上げます。これもね、表紙が度々変わる感覚について行けないのです。加えて操作がまだ良く分かりません。でもまー泣き言?言っても始まりません。今日はヘルパーさんも来ていますので、介護は任せて頑張ってみます。

細かい写真はブログに載せます。掲示板とこの表紙は兼用します。よろしくお願いします。

_DSC7627

裏編集長の雑記

サイトの不具合があるようなので、今回はテストも兼ねて、裏編集長(?)のYFが記事を書いています。

最近また練習に復帰して、10年ぶりに少林寺の練習をしています。
昇段に向けて頑張っていますが、他の仕事などもあり、なかなか思い通りに練習ができず、歯がゆく思っています。

最初に入門したのが12歳、初段をとったのが18歳、そこから支部を作ったことが災い?して、大学の練習にいくら参加しても、昇段練習ができる状況ではありませんでした。
昇段のための練習ができないとかったるくなってしまうもので、練習のやりがいがなくなります。
また、大学を卒業後F支部とのつながりがぷっつり切れてしまったこともあり、私の少林寺拳法に対する関心は薄れていきました。

「作りっぱなし」にしてしまったF支部ですが、その後もしっかりと存続していることをとても嬉しく思っています。
私の後輩にあたるOGや現役のみなさんの力です。
監督業を引き受けてくださったI先生にも感謝するばかりです。

卒業後はみなさまご存知の通り他の某武道に行ってしまい、少林寺拳法とはすっかり距離ができてしまいました。

一方で、私をまた少林寺拳法に引き戻してくれたのも根岸道院のつながりでした。
道院を離れてしまった私に、「何してんの」「遊びにおいで」「根岸道院で○周年記念やるから顔出せば。F支部も来るよ!」と常に声をかけてくださった先生に感謝するばかりです。

みなさまにどんどん先を越され、今ではすっかり根岸道院一般部門の最年少(いい歳ですが)のメンバーになってしまいました。
昨日よりかなり若い方が練習にみえているようですが、仕事が忙しくて今週は顔が出せませんので、来週お目にかかることを楽しみにしています。

久しぶりの少林寺拳法はやはり面白く、先生はもちろん根岸道院、Y支部も含めて先輩方(年次的には「弟」弟子ですが笑)にも大変お世話になり、ゆっくりではありますが徐々に体の動かし方や技も覚えてきているように実感しています。

またみなさまと練習できることをとても嬉しく思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ウェブサイトの不具合など、お気付きのことがあれば私までお声がけください。

よろしくお願いいたします。

裏編集長YF

追突・接触事故/二度あることは三度ある!?

◇午前中、母親の介護備品が切れていたので、近くの銀行に寄り、同じく近くの薬局に買いに出ました。ところが、銀行の駐車場で前方からバックしてきた車から追突事故を受けてしまいました…。

ガーン!と響く音と衝撃に驚きましたが、幸い私にも、運転していた女性にもケガはありませんでした。でも、事故は起こしても起こされても、その場所にクギ付けとなってしまいます。急ぎの用事が無くて良かったです。介護にも支障はありませんでした。

◇◇相手の女性は年配の方で、ご近所でした。まあ…止まっている車にぶつけたので、平謝りです…。直ぐ警察と息子さんに電話し、双方が来て、事務的な処理、および会話をして別れました。

仕事場に来る途中、販売店に寄って来ましたが、大したことは無いと思っていた後ろ部分の修理は、けっこう面倒の様…。代車を使用して一週間は掛かる!と言われました。もちろん、費用は全部、相手の保険会社持ち。

昨年も…女性ドライバーから、バックで前方にぶつけられました…。二度あることは三度ある!? クワバラ!クワバラ!!

お葬式/人生初体験の失敗

◇昨日は、三軒隣の親戚筋のオバサンの葬儀がありました。母親の代わりに参列したので、お骨上げ、繰り上げ初七日に付き合い、一日つぶれました…

葬儀会場は車で10分とかからない距離。しかし母親に食事などさせて出たので10時開始の時間が迫り、慌てて会場に着いて受付を済ませたのですが…何か変…。

ご遺影の写真が男性だったので直ちに了解。たまたま、あまり無い○という字の下に「村」と「木」が付く苗字の葬儀が重なり、粗忽者の私、間違って○木様の方に几帳してしまったのでした。

係りの人にその旨伝え、受付の人には「大変ご無礼致しました!」と平身低頭して香典を返して頂きましたが…人生初体験の失敗で冷や汗が出ました…。ところが後で聞くと、こちらの受付にも向うの方が何人か来たそうです。

まあ…世の中には似たような間違いをする人がいるんだなー!と妙に感心してしまいました…。

悔やむ時/良き隣人、友人が人間には必要!

◇土曜日未明、三軒隣の親戚筋のオバサンが救急車で運ばれたことは、掲示板に書き、ツウィートしました。残念ながらその日にお亡くなりになり、昨日、取りあえずと言いましょうか…お焼香をしてきました…。

ご夫婦には、ご近所に一人息子さんが居ましたが、老老介護となっていたようです。ほったらかしという意味ではありません。数年前からオバサンの具合が悪くなり、旦那さんが献身的に面倒を看ていたわけです。それなのに、「なぜ救急車を直ぐ呼んでやらなかったのか…悔やまれるんだ…」と涙ぐみます。話しによると、昼食のお弁当を食べてから不調を訴えたようです。

他のご近所の方々♀も来ていて、「○さん、それは仕方が無いよ!」と口々に慰めます。しかし話しが堂々巡りとなって、長い時間の繰り返し。よほどに堪えているのでしょう。

「自分には見栄があって、昼間、救急車を呼ぶことを躊躇した」

「あれが大丈夫というから…それを押して呼べば良かった…」

ついには「俺が殺してしまったようなものだ」と嘆きます…。

聞いていてとても辛い…。しかし、聞いて上げるのが故人に対する供養なのでしょう。

「お父さんは良くしてくれたから、そんな風に自分を責めないで頂戴。皆さん励ましてやって下さい」あの世に逝ったオバサンの声が聞こえた気がしました…。

悔やむ!という感情は、人間誰でもあります。歳を経ると、ようするに悔やみが蓄積されるのでしょう。そんな時、善き隣人、友人が、人間には必要なんですね…。