アーカイブ

ピコ太郎の発想面白い!

◇「I have a pen~~!」と変な歌が流行っています。ピコ太郎さんのPPAP! これ、言わんとするところは面白いです。餡子とパンでアンパン。消しゴムと鉛筆合体で財を成す。リンゴと落下でニュートンの法則etc.

あるモノとあるモノが合体し別のモノ、ないし発明が生まれます。♂と♀が合体して生命の誕生しかり、合体による進歩はダーマの法則なのでしょう。ピコ太郎さんの歌?はコロンブスの卵ですね!

◇◇少林寺拳法も、眺めてみればこの法則が当てはまります? アイ・ハヴ・ア天=突き、アイ・ハヴ・ア地=蹴り、ウッ!=天地拳です。

ようするに天地拳は第六を除き、天王拳と地王拳が合体したモノです。個人的に、第一は特殊構造と思っていますが、今は置きます。

さて、演武は子供とやっても大人とやっても楽しめます。彼らを上達させることができます。私?6歳のY君と組めます。もちろんS先生、六段の門下生とも出来ます。しかし、基本形の選出が阿羅系と那羅延系、ないし昇段形?では不十分と思えます。

それで只今、研究中なのですが、子供も大人もダンスを楽しむように組める「基本演武形」が必要と考えます。さらに言えば、意識の追加、変換が必要です。

健康増進、護身錬鍛、精神修養は理解しています。これに、楽しさをどこに入れましょうか、(追記:合体させましょうか、)ということです。今のところ、天地拳系「(形」とどちらが良いか思案中)として、

Lesson①突天1、突天2

Lesson②天地拳1、突天3、蹴天3

Lesson③回蹴り、ないし逆蹴りから突天1、突天2

Lesson④回蹴り、ないし逆蹴りから天地拳1、突天3、蹴天3 *天地拳1は速く行えば天王拳です。③④は地王拳3、4が原形←訂正:順蹴り地3と逆蹴り地3の意味で、正しくは地3のみです

Lesson⑤飛び二連蹴りから①②

Lesson⑥順蹴り逆蹴りから①②

を基本形とし、且つmy演武としていれば、最低2構成、正規は競技ではないので4構成と、誰とでも簡単に演武を楽しめるでしょう。楽しく申し込むことができるでしょう。

ダンスにもワルツやタンゴなどがあり、同じように習得していれば誰とでも組める=楽しめるわけです。さらに義和拳系や白蓮系や柔法系がありますが、上の一例のみ挙げます。応用は基本形ができれば直ぐ出来ます。演武を、コミュニケーション・ツールとして活用しましょう!

写真は25日の土曜練習のモノです。Iさん/四段・私の右隣が久しぶりに顔を出しました。F支部OGのUさん(足首故障中)も4か月ブリかな。で賑やかに練習が出来ました。終わり頃、二階の住人=山門衆?のY君も帰って来て、皆で集合写真を撮りました。

 

 

 

正直、少し心配になりました…

◇昨日の練習で、以下に述べる二つの技を指導しました。

研修会初日の実技で、「下段返し」と「横転身蹴り」の説明がありました。講師はS先生。A先生の定年退職により、実技指導が後輩の人達に移りました。寂しい感じを受けています。質疑応答的なモノが無かったので、私が挙手をせずに「下段返しと横転身蹴りの違いはどのように解釈されていますか」と質問しましたところ

「足捌きがそのまま横に動くと横転身蹴りで、捌いた足先が内に向いていると下段返しになります…」という解答でした。まあ…技の解釈の問題ですから、反論的な言動は大勢の人達の前では慎み、実技時間が終了後、私の考えを述べました。

「外押受突き、上受突きの、前方に入り身する足捌きをどのように考えますか? 長い時間がかかってようやく分かりました。これは相手の手を捕りに行っているんですね。殴りかかって来る相手の本体を攻撃せず、拳足を制する技の前提になる形なのです。下段返しも同様です。開構で一字構をとっている我に彼が回し蹴りをしてくるのは無理攻めで、それを掬い倒す技の前提になる形でしょう」

すると、「奥の深い考察ですね」というS先生の感想が帰って来ました。しかしですね…道院長研修ですから、私の奥が深いか深くいないかはともかく、正直、少し心配になりました…。

追記 まだこの新hpに不慣れで、段落、誤字を本日深夜、fさん指導のもと訂正しました。